NEUMANN U 67 Set 伝説のマイクが80万円で復刻!

livedoor.blogimg.jp4399a2-08dfd74db706310c69cf2301caf68de9acb16190

ゼンハイザージャパンは、ビンテージマイクとしてスタジオエンジニアに現在も愛用されているNEUMANN(ノイマン)製コンデンサーマイク「U 67」を復刻した、「U 67 Set」を10月1日に発売。オープン価格で、店頭予想価格は80万円前後。

1960年から1971年まで販売されていた真空管マイクU 67は、スタジオの主力マイクとして幅広く活躍。真空管からトランジスタになった「U 87」が販売となったあとも、現在のレコーディング業界でも愛用されている名機。

復刻された「U 67」は、当時と同じ仕様に作られたもので、出力トランスなどの主要部品は、当時の生産図面に従って製造。製造は特別に訓練された技術者3人が担当。

周波数特性は20~20kHz。ポーラパターンは無指向、カーディオイド、双指向から選択可能。感度(1kHz,1kΩ)は15/24/16 mV/Pa。定格インピーダンスは200Ω。コネクターは、マイク本体が7ピン、パワーサプライ出力側がXLR3F。長さは200mm、直径は56mmで、重さは560g。

U 67のマイク本体に加え、電源ケーブル付きのパワーサプライ「NU 67 V」、7ピンコネクションケーブル「UC 5」、ショックマウントの「Z
48」、ビンテージケースを同梱。電源はトロイダルトランスを備えたリニア電源。

素人なので、録音機材にはあまり詳しくなく、本機も録音用マイクの名機なのだ、というくらいの認識ですが、周波数特性は気になります。一応、20kHzということで一般的には十分ですが、ハイレゾを意識した収録だとどんなものでしょう。

というか、アナログ録音時代のハイレゾ化も多数なされていますが、当時のマイクで20kHz以上まで伸びているのがどれだけあるのかもよくわかりません。少なくともオリジナルのU 67メインで収録された音源の超音波領域の収音はあまりなされていないか、ほとんどなされないということでしょう。

どちらにしても、ハイレゾで気にするべきは高域だけではないでしょう。アナログ音源のハイレゾ化の多くで効果を感じ取ることはないわけではないので。

とりあえず、現在のハイレゾ収音環境に合ったハイスペックで高音質なマイクの新開発も大事なことでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. images-fe.ssl-images-amaz-7f47a2827138734befb40a5675ac4582f505cff9

    2018-6-28

    YAMAHA YAS-108、YAS-107後継機!比較しての違いは?

    ヤマハはサウ&#…

お勧め記事

  1. images-fe.ssl-images-amaz-7bf0ee76de6296b5cbc7a2b73a65c4b0d59ed2f3
    2: 名刺は切らし…
  2. livedoor.blogimg.jpbdec96-7b5f438e99c96b9918c534b33332c855d11b8029
    niconicoの新たなӡ…
  3. livedoor.blogimg.jp356043-ee72d8f2e0f75786245f0f153d6e7d890fcaab3d
    1:風吹けば名…

ご挨拶

閲覧ありがとうございます。

当サイトへのご連絡は
下記までお願いいたします。

管理人:小梅
連絡先:[email protected]

よろしくお願い致します。

TechCampは、最新tech情報をお届けするサイトです。

カテゴリメニュー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る