Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /var/www/techcamp.site/wp-includes/plugin.php on line 601
スマホと連動、12個のLEDライトが点滅してナビゲーションする自転車ベル「Blubel」が人気 | TechCamp
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /var/www/techcamp.site/wp-includes/plugin.php on line 601

スマホと連動、12個のLEDライトが点滅してナビゲーションする自転車ベル「Blubel」が人気

Blubel-1780d706feffb5c47ed93bc576002a6f61c7402f

クラウドファンディングサイトKickstarterに、新たな自転車乗り向けのツールが登場している。

イギリス発のBluetooth対応の自転車ベル「Blubel」で、専用のスマートフォンアプリと連動し、さまざまなナビゲーションをおこなってくれる。

IBMEuropean Space Agency Business Incubation Centreのサポートを受け、開発が進められているところだ。

・LEDライトが点灯・点滅してお知らせ

「Blubel」本体のかたちは円形になっていて、マットタイプのシリコン製で手にしっくりなじむ。円の外周に沿うようにして、12個のLEDライトが設置されており、これが点灯・点滅することで、ユーザーへの視覚的なアラートとして機能する。

Blubel2右折するポイントではライトが右回りに点滅し、左折時には左回りに点滅するといった具合。さらに、次のターンポイントが近づくと、ブザーが鳴り、音でもお知らせしてくれるという。

ずっと点灯したままのLEDライトは最終目的地を示しており、目的地方向を常に把握しながら通行できる。そして目的地に到着したら、すべてのLEDライトが点滅してお知らせする。

こういったナビゲーションのおかげで、ユーザーはスマートフォンに注意をそがれることなく、道路に注目したまま運転ができるというわけだ。

・専用アプリから設定や履歴のチェックをおこなう

使い方はとてもシンプル。ユーザーはまずアプリから目的地を設定し、“Go”ボタンを押す。するとアプリと「Blubel」本体の連動がスタートする。

アプリから、ルートや所要時間、消費カロリーなどが記録されたこれまでの走行履歴をチェックしたり、デバイス本体の設定をカスタマイズすることが可能だ。

・自転車を停めた場所をマップ表示!

Blubel3駐輪した自転車の場所をマップに表示する機能があり、停めた場所をうっかり忘れがちなユーザーをサポート。

また、ベルが多く鳴らされた場所を“注意エリア”としてマップに表示してくれるのもありがたい機能だ。

1度充電すれば、およそ2週間電池がもつという。

早くも超早期予約価格35ドル(約3500円)、40ドル(約4000円)のプランは売り切れ。興味がある人はお早めにチェックを。

Blubel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

TechCampは、最新tech情報をお届けするサイトです。

カテゴリメニュー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る