貨幣と通貨の世界史 @ [世界史板]

このエントリーをはてなブックマークに追加


貨幣と通貨の世界史 @ [世界史板]

1: 世界@名無史さん 2016/10/20(木) 17:06:57.02 0.net

3: 世界@名無史さん 2016/10/20(木) 19:23:00.33 0.net

今はコイン、紙、最近はプラスティックとビットコイン
石、貝のお金があったのは知っていたが、布のお金にはびっくりした

5: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/10/22(土) 11:07:07.42 0.net

>>3
もしかして布貨のことでしょうか?

もしそうなら、もうちょっと調べると、もう一回びっくりできるかもしれませんww

6: 世界@名無史さん 2016/10/25(火) 23:38:01.16 0.net

布貨というをググってみたら、布でなくなんと青銅でした
最初は物々交換の補助(数学の補助線)に青銅器が使われ、鍬が多かったのがだんだん交換補助専用に進化したと。

鉄利用以前から使われたかと思ったがそうでもないようです。
当時の金属は貴重品だから、相当な有力者間、村同士の貸し借り借用証に使われ、高額だろうから1布貨=今の100万円相当(←適当)くらい?

布貨

管理人より:「布貨」は、周朝で流通していた鍬の形をした青銅製の貨幣。中国では「布幣」と言います。図で言うと上の段にあるやつ。下のは魚をさばくときのナイフを意匠として作られた「刀銭」。

7: 世界@名無史さん 2016/10/25(火) 23:47:28.46 0.net

アメリカって、通貨はゲルマン寄りのドル(ターラー,ダールダーと同族)で、補助通貨はラテン寄りのセント(サンティーム,センタボ,チェンテジモと同族)なのね

8: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/10/27(木) 21:43:59.71 0.net

>>7
もしや銭もラテンからきちゃったりしてるんだろうか、、、

33: 世界@名無史さん 2016/11/25(金) 23:33:18.91 0.net

意外と塩貨の話題があがりませんね。

>>7
EUのユーロ圏の補助通貨はラテン寄りですね。

10: スレチながら・・ 2016/10/31(月) 21:32:42.93 0.net

ドルはDollarをオランダ人がドルラルと発音してたのを縮めてそう呼ぶようになったといわれてるけど、19世紀半ば頃のオランダ語ではllを切り離してたのか(ドッラルみたいな感じ?),それとも当時の日本人には切り離してるように聴こえただけなのか。

それにしても『母音+ll+母音』で『ッ+ラ行』ってイタリア語みたいw

管理人より:「塩貨」は、共和国時代の初期ローマで流通していたお金?の単位。当時ローマは産業がないため豊富に取れる塩が通貨になっていました。ラテン語で「塩の支給」を意味する「salarium(サラリウム)」が、現在英語で俸給を意味する「salary(サラリー)」の語源に。

34: 世界@名無史さん 2016/11/27(日) 08:23:27.35 0.net

アメリカって1ドル札(貨幣価値は100円玉くらい)を未だに使ってるんだよね
1ドルコインがあるんだからさっさと廃止すれば良いのに
ついでに5ドルコインを発行して5ドル以下の紙幣を全廃でも良いと思う

こんなのどうよ
1ドルコイン(絵柄はダーウイン・裏面は進化論を象徴するDNA)
5ドルコイン(絵柄はオバマ・裏面はオバマケアを象徴するアスクレピオスの杖

35: 世界@名無史さん 2016/11/27(日) 14:28:43.98 0.net

完全にカード社会だから現金を使う機会自体がすくない
財布に高額紙幣は不要 → そのぶん少額紙幣を入れるスペースがとれる → 硬貨ジャラジャラでポッケがふくらまない

36: 世界@名無史さん 2016/11/28(月) 04:26:31.80 0.net

wikipeの『エレクトロン貨』

「アルフレッド・マーシャルは金銀合金の貨幣を鋳造するのを理想としたが、当時これは技術的に困難であり~ウンヌン断念。しかしふつうに江戸幕府はこの合金造ってたよ日本すげー藁」

みたいな記述あんだけどこれってマジすか?
西洋の金貨も改鋳で薄めるときは銀の混ぜものして金純度落としてたんじゃないの?
そんなバナナとggってもこれソースに「日本の冶金チートw」てホルってる江戸時代の真実系サイトしかヒットしない

39: 世界@名無史さん 2016/11/29(火) 07:06:34.02 0.net

>>36
当時の日本は金銀を分離する技術がまだ無かった。
西洋の商人は日本の銀貨に金が混ざっていることを知り、大喜びだった。

41: 世界@名無史さん 2016/11/29(火) 22:58:14.13 0.net

>>39
銀貨ならともかく、日本から輸入した銅から金を取り出したって話も

エレクトロン貨

管理人より:「エレクトロン貨」は、紀元前670年ごろ、リュディア(リディア)で発行された世界最古の鋳造貨幣。金銀の合金からなる貨幣で、その色合いが琥珀(エレクトロン)を連想させることからこう呼ばれました。

44: 世界@名無史さん 2016/12/09(金) 21:00:20.94 0.net

46: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/12/12(月) 22:53:33.15 0.net

ふーむ、このシチュエーションは歴史上初めてなのかもしれない、、、

【仮想通貨】トランプ相場でビットコインが高騰 新興国から流入

1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/12/10(土) 23:07:57.63 ID:CAP_USER
トランプ相場で仮想通貨が高騰 新興国から流入
インターネット上の仮想通貨ビットコインの価格が12月に入って約2年10カ月ぶりの高水準に上昇している。
背景にあるのは米大統領選後の「トランプ相場」。ドルへの資金集中の裏側で新興国通貨が大幅に下落しており、ビットコインが避難先になっている。

ビットコインの情報サイトを運営するコインデスクによると、ビットコイン相場は12月に入って1ビットコイン=770ドル台まで上昇。11月上旬の700ドル近辺か…

管理人より:スレが1年以上前のものなので、現在のビットコインは13.000ドルちょいくらい。日本円で148万円ほど。現在ビットコインの取引は大半が日本人によるものだとか。

61: 世界@名無史さん 2017/01/11(水) 01:09:58.12 0.net

ビットコインには地金としての価値は無いから金貨とはかなり違う。
何に似ているかと言えば中世日本の銅銭に近いと思う。

62: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/01/11(水) 22:45:57.59 0.net

>>61
ふうむ

金が譲渡できなくなったとして、地金としての価値ってどんぐらい残るのかなぁ

63: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/01/13(金) 00:03:59.92 0.net

65: 世界@名無史さん 2017/01/15(日) 07:37:43.23 0.net

>>63
失業者はニートではない

66: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/01/15(日) 08:35:43.45 0.net

>>65
そうか、そしたらニートの中の人は残念ですね

ところで失業したらニートじゃなくなるんですか?

73: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/01/16(月) 20:09:08.94 0.net

>>63
みんな中身読んでるかどうかわからんが、実際のとこ「ニート補完計画」なんだと思う、、、

69: 世界@名無史さん 2017/01/15(日) 08:46:28.88 0.net

働いていない。働く気があり就職活動をしているが職が決まらない。

働いていない。働く能力があっても働く気もないし就職活動もしていない。
学生でも専業主婦でも幼児でも高齢者でも入院患者でもボランティア活動家や慈善事業者でもない。

70: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/01/15(日) 13:39:10.93 0.net

ふむぅ、そうするとニートももらえるんですね
よかった

71: 世界@名無史さん 2017/01/15(日) 16:08:07.31 0.net

>>70
息をして、糞をするだけでも、経済的には社会に貢献しているのだからな。

75: 世界@名無史さん 2017/02/07(火) 21:53:40.41 0.net

ニッケルが不足してるならまた銀貨に戻せばいい
そういえば百円銀貨全く見なくなったな
10年くらい前まではたまに見かける程度にはまだ流通してたのに

76: 世界@名無史さん 2017/02/07(火) 23:11:19.57 0.net

今こそセラミック硬貨の復活でいい気がする

百円銀貨

管理人より:「百円銀貨」は、1957年に発行された鳳凰の意匠のやつと、1959年発行の稲穂の意匠のやつの2種類あります。

80: 世界@名無史さん 2017/02/18(土) 11:15:15.34 0.net

基本的なところで申し訳ないが、スレタイについて質問なんだけど

「貨幣」と「通貨」の違いって何?

81: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/02/18(土) 15:30:33.77 0.net

ウィイキペディアによると、ど素人のおいら的にはここの説明が納得できるかな

貨幣史(Wikipedia)

貨幣の起源
貨幣の起源は、市場や貿易の起源とは別個にあるとされる。
貨幣の機能には、(1)支払い、(2)価値の尺度、(3)蓄蔵、(4)交換手段があり、いずれか1つに用いられていれば貨幣と見なせる[1]。

おいらが通貨と言った場合、(4)だけは必ず持ってる(普通は1も)と想定しています。

ちなみに通貨のページには

通貨として、どのような金融商品を含めるかについては、国・時代によって異なるため一義的な決まりはない[7]。
狭義には中央銀行などが発行する現金通貨のみを意味する。
広義では、現金通貨に加えて、銀行などに預けられている普通預金・当座預金(手形・小切手)などの流動性の高い預金通貨、流動性がやや落ちる定期預金や外貨預金などの準通貨をも含む概念である。

82: 世界@名無史さん 2017/02/18(土) 19:15:42.09 0.net

>>81
よく分からなかったけど、答えてくれてありがとう!

85: 世界@名無史さん 2017/02/18(土) 23:01:32.86 0.net

通貨とは、流通貨幣の略称。

88: 世界@名無史さん 2017/02/20(月) 00:32:55.47 0.net

貨幣価値とは信用
一定の範囲で信用されて流通すれば貨幣となる

つまり人間の精子が貨幣価値があるとなれば、コンビニのバイトの女の子に・・・

94: 世界@名無史さん 2017/02/24(金) 00:26:32.72 0.net

なぜ紙幣は中国人以外に発明できなかったのか

99: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/02/24(金) 18:16:12.30 0.net

>>94
紙幣発明したのは北の国の方じゃなかったんでしたっけ

95: 世界@名無史さん 2017/02/24(金) 00:33:19.87 0.net

え? あちこちで発明されてるけど

96: 世界@名無史さん 2017/02/24(金) 01:18:10.17 0.net

どこで?
それは本当に流通した紙幣だったの?

97: 世界@名無史さん 2017/02/24(金) 01:25:30.76 0.net

現代に繋がる紙幣はヨーロッパで金の預かり証として発行されたものが起源
それは宋の交子とは無関係に発明されたものだろう
古代エジプトでもパピルス製の穀物の預かり証があって通貨代わりに流通してた
どれが起源というものではなくそれぞれ別個に発明されたものだろう

日本で徳川時代に使われた紙幣だってもしかしたら他の何も参考にせずに別個に発明されたものかもしれんし、宋の交子の知識から着想されたものかもしれんしどっちかわからんが

98: 世界@名無史さん 2017/02/24(金) 02:15:09.94 0.net

>>97
マルコポーロが紙幣もちかえってるけど

ストックホルム銀行券(1666年)

管理人より:昔の貴金属を含む貨幣はそれ自体に価値があったのですが、摩耗により価値が減じること、そして運搬に不便なことが問題でした。したがって、貴金属との引換券としての証書が利用され始め、これが紙幣の起源です。
世界初の紙幣は中国の宋代に発行された「交子」という2~3年の期限付き引換券というか預り証(11世紀初頭)。宋では鉄貨が使われたそうで持ち運びが不便だったことから。
ヨーロッパでは国家が承認した初の正式な紙幣は、1666年のストックホルム銀行券(画像)が最古のものだとか。

149: 世界@名無史さん 2017/03/05(日) 12:45:35.16 0.net

世界史的に(たとえば19世紀以前で)最も成功したインフレ政策というと、いつの時代のどの国が挙げられるでしょうか。

150: 世界@名無史さん 2017/03/05(日) 18:47:48.16 0.net

19世紀はみんな兌換紙幣だから、金準備以上のお金はスレないでしょ

153: 世界@名無史さん 2017/03/06(月) 07:31:07.77 0.net

>>150
金準備以上のお金はスレる事を発見した奴がいてな

156: 世界@名無史さん 2017/03/06(月) 14:58:23.12 0.net

>>153
北宋のときに軍事費たりなくて結局すらせてたが国債に近いかたちだった
それでもインフレが起きた

152: 世界@名無史さん 2017/03/05(日) 21:06:34.57 0.net

毎日毎日膨大な富が生み出されているのに、紙幣が金の保有分しか発行できないんじゃ経済が回るはずない。

154: 世界@名無史さん 2017/03/06(月) 11:21:57.15 0.net

そして大勢が金に替えたいと言い出した時に替えられなくなると、紙幣がケツを拭く紙になる


なにしろスレがビットコインとユダヤが世界中の中央銀行を乗っ取っている…という陰謀論が大量に占めており、それを避けてたらよくわからないまとめになってしまいました。
加えてコテハン「ウムウル」氏のあやふやなレスの連投で、いささかガッカリなスレ。

しかしながら、「必要は発明の母」とはよく言ったもので、通貨と信用が歴史の中でどのように発達していったのか、というテーマは案外おもしろいですね。ちょうど今「腹筋崩壊ニュース」さんでもそゆネタやってるし。続き楽しみに待ってますよぉ~。

かつては、自らが持つ財産以上のものはどうやっても作れなかったというのに、どういうカラクリでそれが10倍かあるいはそれ以上になったのか、という点については、「銀行 金本位制」みたいなワードで調べたら大雑把にわかるのではないかと思います。(動画もたしかあります)

クレジットカードの原形「チャージャ・プレート」
How credit cards changed the way we spend(クレジットカードはいかにして我々の消費行動を変化させたか)
↑という、ちょっと前のBBCの特集記事を、大変おもしろく拝見した管理人。いずれなにかの機会に皆さんに紹介したいと思ってブクマしてました。なのでここで投下します。

クレジットカードの原形というのは、「チャージャ・プレート」という、小売店がお得意さんのために発行する、一定額の支払いを保証する一種のトークンのようなものだったんだそうです。1928年アメリカでの話。

この考え方の延長で、1947年、ひとつの店だけでなくせまい範囲での限定ではありましたが、ブルックリンの複数の店舗で利用可能なトークンが作られます。
そして、1949年、あちこち出張して回るビジネスマン向けとして、世界初のクレジットカードである「ダイナースクラブカード」が、50年代になると、アメックス、VISA、マスターカードなどが次々に登場。

とはいえ、当初は大きな問題がふたつありました。

ひとつは、小売店はお得意にしかこれを開放したがらなかったこと、逆に顧客はお店が自分のカードを受け入れてくればければ、まったく無意味だということ。
そこでバンク・オブ・アメリカが母体のVISA(当時は「バンク・オブ・アメリカード」という名称でした)が、カリフォルニア州フレズノの顧客全員に、現代の基準で5000ドル相当の利用枠を持つカードを配ることで、一気に拡大を図ります。
当然これで銀行は、ローン延滞やカード盗難などで大きな損害を被るのですが(「フレズノ・ドロップ」と呼ばれます)、利用の拡大とともに収束、大きな利益をあげることに。

磁気テープを利用したカード

もうひとつの問題は、カードの利用がなにしろ不便だったということ。
お客さんがクレジットカードを出すと、まず店の売り子が銀行に電話して、顧客の信用状況の確認後、決済の許可を取らなくてはなりませんでした。
そこで、60年代、天下のIBMが新技術を使って、磁気テープに信用情報を記したカードとカードリーダーを開発。利便性は一気に高まっていったのである…。

…という感じで現在のクレジットカードにつながっています。これも「通貨の歴史」のひとつってことで巻末欄にオマケでつけておきます。
さらっと読んだだけなので要約した内容はそんな間違ってないと思いますが、興味のある方は元記事をどーぞ。

Amazon Mastercardクラシック

関連記事:

このエントリーをはてなブックマークに追加


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. 112-iPhone-8-and-8-Plus_1-cc6597508f1fa9d8aa7339cf24f6220c7b2143ae

    2017-9-12

    「iPhone 8 / iPhone 8 Plus」が発表 ―4K/60fps撮影とワイヤレス充電が可能に

    米アップルは12…

お勧め記事

  1. 113-iPhone-X_1-c70a6e2d7ddc7c19acc0588b6759ff9385ff458d
    米アップルは12…
  2. 108-unknown-Sony-H4233-spec-appeared-on-GFXBnehc-3f7760262762cf0b419da09ca354d0b444a678bb
    GSMinfo.nlは12日(現…
  3. 105-Nexus-5X-and-6P-e4cf5a45643691a73412a76858fa35c371a0c349
    ソフトバンク…

ご挨拶

閲覧ありがとうございます。

当サイトへのご連絡は
下記までお願いいたします。

管理人:小梅
連絡先:koumeda100@yahoo.co.jp

よろしくお願い致します。

TechCampは、最新tech情報をお届けするサイトです。

カテゴリメニュー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る