WWDCで発表されそうな新型「iPad Pro」は11インチに…? 「11インチ」の数からわかるiPadのかたち

20171110_bezeruresu-w960-b2b53b278a4a06c8ff11710ddc8050bb3d40edf6

そう、ベゼルディスプレイだ!

6月4日に開催されるWWDC 2018で発表が期待される「新型iPad Pro」。今回の新モデルについてもさまざまな噂が飛び交っていますが、台湾からは新型iPad Proの画面サイズが11インチになるとの気になる新情報が登場しています。

台湾紙の経済日報によると、WWDC 2018で登場する可能性があるのは11インチと12.9インチの2モデルのiPad Pro。また両者ともに、iPhone Xにも搭載されている顔認証機能「Face ID」、iPhone Xから強化された「A11X」プロセッサが採用されるそうです。

11インチに隠されたヒント

つい最近10.5インチになったのに、いきなり11インチには変わらないだろう…と思うかもしれませんが、ここからわかることは、やはり「ベゼルレスディスプレイ」の搭載があるのでは?という話。

現行の10.5インチモデルと同じ筐体サイズのまま、ディスプレイがよりエッジに近くなれば、おのずと11インチのディスプレイサイズになるでしょう。計算してみたところ、現行モデルの筐体の対角は約30cm=12インチでした。それに収まる11インチディスプレイは、やはりベゼルが細いデザインになるでしょう(あくまでも、現行と同じ筐体サイズで登場するなら、という話ですが)。

今回の報道では新型iPad Proにノッチが搭載されるか、あるいはベゼル幅が狭くなるのかについて、直接的には触れていません。が、以下のようにベゼルレスやノッチを示唆する噂が何度か報じられてきました。

一方、今回噂されている12.9インチモデルは、すでに現行のiPad Proにも12.9インチモデルがありますので、同じ筐体・ディスプレイサイズで登場するかもしれません。

またiPad Proとは別に、今回の報道で、今年前半には新型iPhoneは発表されない…つまり、「iPhone SE2」のを否定している点も気になります。やはり、今年のWWDCではiPadの更新がメインの話題になるのかな?

Image: Twitter
Source: 経済日報 via MacRumors

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

TechCampは、最新tech情報をお届けするサイトです。

カテゴリメニュー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る